FC2ブログ
Sabor A Mi 幸福な被虐感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
初めての逢瀬~話し合い~
Masterを拝見して、最初の印象は…


お仕事がとても出来そう…な、とっても働いている人。


と、いう何だかわからないような印象でした。


年齢も、おおよそしかお聞きしておりませんでしたので、
だいたいの年齢より若いような、老けている…ような、
ハッキリしていたのは、普通に仕事や生活の中でお会いしたら、


「この人、Sっぽいよね」


とは、仕分けしない印象の方だなぁということでした。
失礼になりかねないことですが、普通にしていると、
伊織の方が気が強く見えそう、いや、見えると思います。


実は伊織、まだ、Masterに最初のお会いした時の伊織の印象に
ついてお聞きしてないので、伊織の印象がどうだったのか?
知らないのです。

とても頻繁にお電話でお話をさせていただいているのですが、
この事については質問させていただいたことがありません。。。


Masterのお車で、お蕎麦屋さんへ。


そこで、お蕎麦をいただき、カラオケボックスに移動して、
Masterと最初の話し合いを始めました。


話し合いといっても、最初は色々話していた伊織でしたが、
SMや主従の話になった時、緊張しすぎて何もお話できなくなり、
Masterのネットや、メール上でお話していなかったお話、
諸々の説明をじっと聞かせていただきました。


この時の伊織の心の中は、


”受け入れられないと感じる事はないか?”
”(Masterのお話から)少しでも引っかかる、この先で
引っかかるような要素はないのか?”
”いただいていたメールの話との相違はないか?”


と、探しているような、事前の情報との答え合わせを
しているかのような感覚でした。


カラオケボックスでの話し合いの後、
「ここではうるさくて、落ち着かないですね。」
と、いうことで、伊織が泊まるホテルにチェックインして、
宿泊先の部屋で、続きの話し合いをすることに。


まだ主従になるかどうかは決めていなかったのですが、
お部屋にMasterをお招きできた時点で、伊織の気持ちは
固まっていたのです。


…でも、
「奴隷にしてください。」


とは、口から出せませんでした。
[2014/05/05 19:47] | 主従になるまで | トラックバック(0) | コメント(0)
<<初めての逢瀬~いっそのこと・・・~ | ホーム | 主従記念日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

Iori

Author:Iori
はじめまして。
升屋伊織(Iori)と申します。

普段は、ほのぼののほほん♪
と、ご主人様と遠距離なやりとりを
楽しませていただいている、

遠距離主従関係恋愛です。

お淑やかな従順系奴隷に憧れますが、
伊織は、血の気が多すぎ、(鼻息が荒い)
暴れ馬系奴隷です。

時々、噛みつきそうになったり
暴走しそうになっては、正しくは

噛みつき、勝手にプッツン、
暴走→逃走しては、

いつもニコニコ、とても優しい
ご主人様に手綱をひかれたり、
ゆるめられたり…しながら
飼われています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

奴隷、はじめました♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。