FC2ブログ
Sabor A Mi 幸福な被虐感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
メールのはじまり
Masterとネット上で出会った時、


伊織は、この方の奴隷になるなんて…
予想もしていませんでした。


奴隷になる。なんて元気は、あの時の伊織には
持ち合わせていなく、その時あったのは、


「もう奴隷にはならない。伊織は奴隷になれない。」


という、絶望感に近い気持ちだけでした。


伊織は、前の…とは書く事も嫌悪感を感じる、
(前ご主人様)TBKにより、伊織の人間性も、M性についても
思いきり否定された後で、とてもSMなんて気持ちには
なれませんでした。


駅で初めての待ち合わせ。
ラブホ直行→部屋に入った直後、土下座を要求。
その後、裸になるように言われ、
いきなりのかなりの力での鞭…


風呂でひたすら泡姫まがいの行為を強要、
少しでも気に入らないと殴られる。


言葉による、伊織の人格や仕事など表の顔否定…


などなど…


とてもSMをしたい気持ちは湧いて来れない状況を
味わって1カ月くらいした頃・・・


誰かに伊織の体験したことを聞いてほしくなり、
Masterに出会いました。


伊織の場合は、皆様とは違い、
最初から主従になるためにメールのやり取りを
始めたわけではなくて、伊織の身に起きてしまった事の
相談からMasterとのメールが始まりました。


辛かった事、
伊織の気持ちにだけ、目を向けるようなメールだけ…
書いていた記憶があります。


その中である時ふと、伊織とメールを続けていて
くれている相手の男性について、何も伊織が見ていなかった、
男性はずっと、伊織の書く話を読み続けてくれていたことに
気がつくことがありました。


あの時伊織は、男性を相談が出来る相手だとしか見ていなくて
男性自身の事を意識していなかった自分に驚きました。
同時に、相手の男性にとても失礼なことをしてしまったと
反省をして、だんだん色んな話を書くようになりました。


と、書くと、誤解を呼ぶと困るので、


…別に、
話を聞いてくれたお礼に、奴隷になったわけじゃないですよ!




伊織には、Masterに対しての条件 がありました。
[2014/03/25 21:08] | 主従になるまで | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Masterに対しての条件 | ホーム | カテゴリについて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
プロフィール

Iori

Author:Iori
はじめまして。
升屋伊織(Iori)と申します。

普段は、ほのぼののほほん♪
と、ご主人様と遠距離なやりとりを
楽しませていただいている、

遠距離主従関係恋愛です。

お淑やかな従順系奴隷に憧れますが、
伊織は、血の気が多すぎ、(鼻息が荒い)
暴れ馬系奴隷です。

時々、噛みつきそうになったり
暴走しそうになっては、正しくは

噛みつき、勝手にプッツン、
暴走→逃走しては、

いつもニコニコ、とても優しい
ご主人様に手綱をひかれたり、
ゆるめられたり…しながら
飼われています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

奴隷、はじめました♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。