FC2ブログ
Sabor A Mi 幸福な被虐感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
初めての調教
調教の前に、伊織の首輪を買って下さいました。

ラブホテルまでの移動中、ホームセンターに数件。
ご主人様は、伊織の首を見たり、手で太さを確認しながら

「お前は何色がいい?」

と、尋ねられました。

ご主人様も気になされていた、黒い首輪、
ハート柄に抜かれたところが赤という首輪もよかったのですが、

「赤…がよいです。伊織には似合うかわからないんですが…」

と、恐る恐る答えました。

何本か伊織にあててみて、ご主人様が選んでくださったのは、
伊織が想定していた太さより、太めの赤い首輪でした。

ラブホテルに入る前に、食事をしました。
美味しいお寿司だったのですが、緊張しすぎていて、
美味しいのですが、何を何巻食べたのか覚えていません…。

自家製トロ〆サバと、サーモン、平目のえんがわ…


お寿司やさんからどのくらい離れたところだったのかな…
車でラブホテルに滑り込み、チェックイン。

着ているものをすべて脱ぐ、はずすように言われ、
モジモジしながら、脱ぎました。

あまりの恥ずかしさに腕や手で体を隠すように…して。

ご主人さまに、
「腕をおろせ。体を見せろ。」
と、言われ、今度はその腕で顔を覆い、さらにモジモジ…

あいさつを促され、つまりながら考えながら何とか挨拶。

「そばによれ。こい。」

そう言われ、ベッドにあげられました。
ご主人様は、伊織の目の前に首輪を持っていて静かに
語りだしました。

「伊織、いいか?
この首輪はお前の首輪だ。お前が俺の所有物だと、
俺の牝だという印の、お前の首輪だ。
いいか?これからこの首輪にはお前の涙も汗、
奴隷として受けるいろんな、苦しい、痛い、恥ずかしい、
いろんな感情もいろんな思いがしみ込んでいくものだ。
どんどんしみ込ませて、早くお前だけの首輪にしろ。いいな。」

「はい。
ご主人様、ありがとうございます。」

このようなやりとりがあり、ご主人様は伊織の後ろに立ちました。

まだ購入したばかりの皮が硬いままの伊織の赤い首輪が
初めて伊織につけられた時の事、

伊織は、一生忘れたくないです。



ここからは、調教と言っても、伊織が一方的に
気持ちよくなって、たくさん喘いでしまったお話。なので
特段、面白くもなんともないですので、
ご想像にお任せいたします。。。
[2014/07/20 21:00] | 首輪の重み | トラックバック(0) | コメント(0)
パーフェクトじゃない
Masterと、伊織の関係性の話。


ここ(ブログ)に、どんなことでも書いて良いよ。
俺の目を気にして本当に想っている事や、考えている事が
書けないなんて、ブログをやっている意味ないからな。

って言われています。


ツイッターでいろんな方と仲良くしてもらいなさい。
そして、仲良くしなさい。


いろんな方々と交流することで心配することはない。
お前は、心配しなくてはいけないようなことはやらかさない奴だと
わかっているから、心配なんかしていない。


伊織のご主人様はこんな感じのことを話す方。です。


でもね、伊織のご主人様はパーフェクトじゃないんです。
いきなりな展開でごめんなさい。

そして、伊織もパーフェクトな奴隷には程遠いものがある…
奴隷です。

でもそうだからこそ、ご主人様と伊織は、お互いに
目を閉じるようなことはせず、パーフェクトじゃないと感じてしまう
ところもガン見しています。

最初にお会いした時から、パーフェクトじゃないことは
わかっていました。
そこについては、メールをさせていただいていた時から
気がついていたので、そこについて努力したり、お互いに
関係をよりよくしていける方なのかな?とか、
細かいところを見て、考えて決断した次第なのです。

とは、言ったものの…
遠距離主従であるため、頻繁にお会いすることはできませんし、
お電話での時間の中でも、色々考えることがあるたびに、
他の奴隷さん方のブログを拝見するたびに羨ましくなったり、
主従関係を結んでから、そのことで悩んでは時に暴れたり?、
色々ありながら、今日まで来ました。

だから、調教についてブログにアップしていないのではなくて、
それは別問題でして、ただ書いてないだけで、
もうすぐ、3度目の逢瀬がありますので、できたら…
書いてしまいたい…と、思っているところなのですよ♪


ご主人様としては、良いのだけど…

男性として見た場合…。

幼さであったり、今までどんな女と付き合ってきたんだよ!?って
突っ込みたくなるようなところがあったり…。

ご主人様としての素質と、男性としての成熟度。について
ずっと悩んできました。

別に伊織がたくさん男性とお付き合いしてきたとか、
良い女だと思い込んでいる痛い女というわけではなくて、
なんというか、伊織のご主人様という方は、
奴隷はわかっているけれど、女がわかっていないと感じることが
多々、あります。

伊織に、「女性らしくしなさい。」
と、命じるのは良いのですが、伊織から見て、女性らしく
していても、それがご主人様にはわかっていない、違っている
ことが多く、そのたびに、話し合いを持ってきました。

例えば、男性に対しての、可愛いという言葉の定義が違っていて
話し合いになったり、男性の色気とは?いう話であったり、


ご主人様の時間>男性(彼氏)の時間 主従関係>恋愛経験

な、伊織のご主人様と、

女(彼女)の時間>奴隷の時間 恋愛経験>主従関係(奴隷経験)

な、伊織の結んだ主従関係です。
伊織の場合は、初めてのご主人様で、初めての主従関係です。

お互いに分からない、分かっていないことについて話し合い、
努力が必要なところを確認しあったり、お互いの立場で
色々考えてきた4カ月でした。

もしかしたら、普通?なら、話し合いの時間はなく、
ご主人様に命令されるがまま、ご主人様の考える奴隷に
教育されていくのかもしれません。

でも。
伊織は強い性格の奴隷です。(ご主人様が仰っています。)
理由と根拠を示されながら、教育されたいというか…
たぶん、ご主人様より口が悪いですし、…強いんです。

納得がいかないことは嫌なので、ぶつけたくなるというか、
いろんな意味で、ご主人様と対峙したいので、
1匹で考えすぎてコンガラガッているよりは、ご主人様に
お尋ねしたい、話し合いを大切にしながら、関係を構築させたい…

所謂、メンドクサイ奴隷なのでした。。。
ご主人様は、面倒だとか思ったことはないと仰ってくださいますが、
1つ1つの出来事、その出来事の中で話し合ったことが
積み重なって、ご主人様と伊織だけの主従関係が出来上がって
いくことを、伊織も願っています。


簡単に書くと、男性としての成熟度を高めるには、
伊織のご主人様として君臨していただきながら…

ご主人様を、奴隷が、育てるような…、下から押し上げて行くような
形をとることになるわけです。

最初から普通の力学では行かない関係を結んでいる故、

このことを如何に悟られることがないよう、
お仕置きを受けることがないよう、

主従関係を育む過程において、とっても自然な流れだと
ご主人様に感じて(ある意味、感じないで)いただきながら、
熟成を進ませるにはどうするべきなのか?

って考えてきました。


普通の恋愛関係であるなら、

「それって、私はこう思うのだけど、違うかな?」

というような言い方で、間違いであったり、
相手の知らないことを指摘できるのですが、
相手が彼氏でも夫でもない、ご主人様ならそうは行かない…。

関係の中で、何かが起きたり、心の中で違和感であったり、
不安な気持ちが生まれるたびに、今も考え続け、実行している
毎日なんですけど、皆様のご主人様はいかがですか?

みんな、ご主人様は格好よくて、紳士的で
非の打ちどころがない方ばかりなのかな…。

拝見させていただいている奴隷さんのブログで、
ご主人様は何でも物知りだというお話を読んだことがあります。

伊織のご主人様は、その逆で、伊織の方が色々知っていることが
多いので、ご主人様が驚かれたり、そのことでご主人様が
愉しまれているのが多い感じです。

伊織のご主人様は、社会人としての顔を考えた場合、
とても勤勉で、仕事一筋の方なのではないかな?と思います。
言い方を変えたら、自分の仕事については何でも知っているけれど
世の中の事については疎い…


理想としては、ご主人様は何にでも精通していてほしいですが、
そうはいかないことも多いですよね。
ここは、仕方がないというか、特に問題に思ったことはなくて、
伊織は仕事柄、人とたくさんお会いして話す機会が多いので
ご主人様にいろんなお話を運んでこよう♪と思っています。

そんなことは面と向かっては口にしませんけど、
愉しませるのも、奴隷の役目ですよね。

最初から完璧なご主人様ではないかもしれませんが、
伊織にとっての最高のご主人様は、作るものだと思っています。
最初からいるわけなんてないです。ある程度の年齢になり、
そう考えるようになりました。

ご主人様が奴隷に躾を施すような、
ご主人様によって、奴隷が作られていくのなら、
奴隷によって、ご主人様も、作られるというのはおかしいですが、
ちょこっとだけ…影響を受けたり、考える事があったりは
あるかもしれません。

伊織も、努力し続けることによって、ご主人様にとって良い奴隷に
成長していけるよう、がんばりたいと思っています。

すべては、Masterと伊織だけの主従関係のためです。
主従の数だけ、いろんなかたちがあるものなのでしょうね。。。
[2014/07/13 21:30] | 日々想々 | トラックバック(0) | コメント(4)
高校生
昨日、石川啄木。
(駅に行き、電車を使いました。)

電車を待つ間、右斜め前にいた高校生4人の話。
内訳は、♂3人、♀1人。

ゲームの話?から、どこからきたのか、両刀使いという
言葉の意味についての話が始まりました。

その中の、♂1が、

「俺、言われるんだよね~。両刀だって。
俺がいうのは、SM的な両刀の話ね。
お前は、みんなを刺すような強いSだってさ。
俺は、俺のS性で、まわりをいじめ、嬲り、
俺の中にあるM性でその快楽を貪欲に貪る人種だって。」

「俺、好きなんだよ。おれ、間違いなくSだわ。」


伊織、ケータイを見ていたのですが、
嬲る。っていう言葉がでてきた時に、居ても立ってもいられなくて
その♂1の顔を確認したくなり、見てしまいました。

嬲る。って、
高校生が高校に行って、一応お勉強に励んでいて、
いつ何どきに嬲る。なんてことになるのよ!?大問題だよ!!

って驚いて、その瞬間、嬲っているのがどんな子が見てみたくて
見たんだけど…

…。

…。

昨日まで、レゴで遊んでいたような子の発言でした。
あんな子、どこでそんな言葉を覚えて、使うようになってんだか
伊織には理解できませんでした。

ビックリしたよぉ。。。
嬲る。って、嬲るんだよ?君?わかっているか?
って、詰め寄りそうだったわ。


…まぁ。
目の前にいるこの女が、ご主人様に飼われていて、
奴隷誓約書を書いて、ご主人様に服従していて、
パイパンにされていて、性に関することは管理されてて、

そのご主人様の前では、首輪をつけられ、
自分用の食器に排泄させられ、その排泄した食器で
ごはんを食べさせられているなんて…

排泄するところ、ご主人様に見せてるんだよ…?


わからないよね。

それに、今なんで電車に乗ろうとしているのか?というと…

ピルの処方のため。なのよ。

穴なのよ、私。
ご主人様の快楽のために存在しているんだよ。。。



伊織、入線するまでの時間、この子をガンミしていたと思います。

だって、この子、将来、ご主人様みたいになるのかな?
無理かな?とか色々、妄想してみたかったから。

それに世の中、面白いよねって。まさか、目の前に、現役の奴隷がいるなんて
思わずに、そんな青い事言っているんだろうなぁって。

まさか、暑い午後1時過ぎ、ホームで、嬲る。なんて
言葉を聞くとは思わなかったお話でした♪
[2014/07/08 07:47] | 日々想々 | トラックバック(0) | コメント(4)
バトンをやってみました♪

SM変態度バトン

Q1 あなたの名前は?
A1 Iori (ますやいおり)
Q2 性別は?
A2 牝犬です。
Q3 SorM?
A3 Mです。
Q4 あなたにとって快楽とは?
A4 ご主人さまが、明らかに普段とは違う笑みを浮かべて、いおりで遊ばれていらっしゃる時。
Q5 ここだけの話、今、主様or奴隷に、言いたい本音は?
A5 先日、大爆発しましたので、今はございません。今月、お会いできる事を愉しみにしております。
Q6 どんな風に、責めたい?責められたい?
A6 痛いのもよし。苦しいのもよし。恥ずかしいのもなおよし。ご主人様にされたことで無理だったことはないです。
Q7 オナを、毎日?週何回してる?
A7 いいえ、していません。ピルの服用を始めてから心配なくらい性欲がないんです。。。
Q8 好きなプレイは?
A8 お縄。どんなプレイでも滅茶苦茶興奮してしまうんです。。。
Q9 支配すること、される喜びは?
A9 あります。とても幸せです。
Q10 生まれ変わったら、SorMどちらがいい?
A10 どちらでも構いません。どちらであっても、性癖を思いきり堪能したいですね♪
Q11 言われて興奮する言葉は?言いたい罵声は?
A11 (新しいプレイをしながら)伊織、お前うれしそうだな。よかったなぁ、どんどんどんどん変態に染まって行ってうれしいよな伊織。
Q12 あなたにとって、SMとは?
A12 生活の中の、訓読点。
Q13 あなたの、好きな格好は?させたい格好は?
A13 パイパンマッパで首輪。
Q14 ○○責めここに入るあなたの一番興奮する責めは?
A14 ポルチオ
Q15 最後に、一言。(お疲れさまでした。)
A15 あまりブログもツイも更新できないのですが、変態なんです。ものすごく。
[2014/07/07 18:43] | 日々想々 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

Iori

Author:Iori
はじめまして。
升屋伊織(Iori)と申します。

普段は、ほのぼののほほん♪
と、ご主人様と遠距離なやりとりを
楽しませていただいている、

遠距離主従関係恋愛です。

お淑やかな従順系奴隷に憧れますが、
伊織は、血の気が多すぎ、(鼻息が荒い)
暴れ馬系奴隷です。

時々、噛みつきそうになったり
暴走しそうになっては、正しくは

噛みつき、勝手にプッツン、
暴走→逃走しては、

いつもニコニコ、とても優しい
ご主人様に手綱をひかれたり、
ゆるめられたり…しながら
飼われています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

奴隷、はじめました♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。