FC2ブログ
Sabor A Mi 幸福な被虐感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ツールは違うけど…
ツイッターでも、タテバーコのような男がいるのか。。。

M女のみなさん、騙されちゃダメよ!


…すみません。
伊織には言われたかない言葉だと思います。
ごめんなさい。


こいつなんだけど!って、貼ってしまいたいけどなぁ。
そうだなぁ、ヒントは大阪です。
今も、騙されている方もいるみたいなので、
お気をつけください。

(追記)
アップさせていただいてから考えたのですが…。

伊織の身バレを警戒してはっきり書かないように
していましたが、これは伊織の身バレより、
これから、伊織と同じような目に遭うM女性が出ないように
もう少し、はっきり書く方が良いと判断しました。

本当、老舗のサイトで伊織もずっと存在は知っていたサイトで
まさかそこの管理人が偽S、偽調教師だなんて疑うどころか、
チャットや掲示板で出会うより、安全なんじゃないのか?
と、思っていたほどでした…。

本当、伊織自身があんな目に遭うなんて…
考えてもいなかったんです。

どんな醜い目にあったのか?を書いたつもりでいたのですが、
Masterにメールで書いたことをブログにアップしたとばかり
勘違いをしていました。

醜い目については後日にしますが、
タテバーコのサイトについて追記しておきます。

山に向かってさけぶ、「やっほー」みたいな
サイトがありますよね?

昔、カテゴリわけっていうのが今より活用されていたのです。

その、やっほーの、カテゴリで、ボンテージ・SMとか
あるんですが、初心者のための…という説明があるサイトが
あります。それ、です。影みたいなHN。

これで、サイトは特定できると思います。

あのサイトにアップされている文章は、疑似餌です。
書いている本人はまったくの別人、本人は考えてとしてないこと、
本人とは全く違うことを平気でアップし、M女性を得る事を
繰り返しています。

初心者のための…って巧妙ですよね。

経験者なら、本人の浅さも、偽者具合も察知され、
獲物を得るどころか、逃げられてしまいますもの…。

そして、初心者だからこそ、わからないから
比べられずに、おかしなことに気がつかず、心も体も
傷つけてしまう…。

それに、リアルな世界では声に出して誰にも
相談することができない。

伊織の場合は、誰か、Sさんにお話を聞いてもらいたい…
と考えて動き出すまでに、約2カ月ほどかかりました。

時間的にそんなに経っていたとは思っていなかったのですが、
チャットで打ち明けるまで、誰にも言えずに苦しんでました。

タテバーコにより、性癖否定もされていましたし、
人格否定も、職業についても思い切り否定された後で
誰かに打ち明けることがとても怖いことになっていました。


伊織のブログを訪れて下さった皆様。
もし、新しいパートナーを得たいとか、私もご主人さまがほしい…と
願う方がいらっしゃったとしても、過去の伊織のように
引っかからないでください。

どうかどなた様もこの偽者の餌食になることがありませんように。





タテバーコは自分のことを、一流の調教師だと言っていた。
到底、そう思えなかったし、Masterに会うまでの話、
会ってから起きた事、いろんなことをお話させていただいたけど、
未だにタテバーコの話になると、Masterは仰る。

「SMでも、S男でも、なんでもないな。
俺、この世界長いけど、ビックリしすぎる事ばかりだよ。」

と。

受けた暴力以外のことを書くと…

最初に会うにあたり、
ソープ物のAVの購入→ソープ嬢の技術の習得 を
求められたことかな。

タテバーコは、マットプレイをさせるために、
キャンプ用の1人用のマットを持参してラブホの風呂場に敷くの…

これをメールで指示された時、
SMじゃなかったっけ…?、奴隷は奴隷だけど違う…くないかい?

と、思ったのだけど、
ご主人様が仰ることは絶対だと思っていたので一生懸命従おう
してしまいました。

あと、夜は寝ずに、ご主人様の全身マッサージをさせられたこと。

味音痴なのに、異常なくらいの食へのこだわり…。


「はい。」

の返事の後、少しでも戸惑うと、手が飛んでくる状態で
今、そんなことが全くないMasterに飼われているため、
思い出すたびに、変な気持ちになります。

一時、外と関われない、係わりたくない気持ちが
強くて、このようにブログは書けませんでしたし、
言葉もスラスラも口から出せなくなってしまってたようで、
今みたいに回復できるとは思っていなかったです。

時々、思い出しては不安定になった時期もありましたが、
その都度、Masterは伊織の気持ちに向き合って、
大切な言葉をかけて下さいました。

今もお会いさせていただき、調教の合間合間で
伊織のことを抱きしめて下さいます。


Masterに抱き締められる事。
とても幸せな調教の1つ。です。
[2014/06/25 18:01] | 回想時制 | トラックバック(0) | コメント(1)
食事でも無理だった事。
(保存していた記事をアップしています。)



TBKとの色々は、
Masterとお逢いした後では書けなくなりそう…
と思い、少しずつ書きたいと思います。


お逢いすると言っても、まだ少々先の話なので。


一食、例えば、ディナーでもランチでも
1回の食事は、お店何店でしますか…?


私の感覚としては、レストランだったりすると…

食前酒をいただき、前菜をいただき、メインを心待ちにして…
美味しい食事と、会話を楽しみ…
〆は、コーヒーが良いかな?それともダブルでいただこうか…


など、一店でフルにいただきたい、いただくものだと思っています。


…なんて。レストランなんて書いてしまいましたが、
例えば、ファミレスも同じです。
メインを決めて、甘いもの食べようかな…とか、
お相手に合わせるはもちろん、食べるって行為はかなり色んな面で
大切な行動だと思っています。考え過ぎかもしれないけど。


単なる食べ物の好き嫌いという話だけなくて、
SEXなど性的なものとも密接だと思いますし、相手の美意識に
直結する行為だなと、思っている時間です。


TBKは、私には理解しがたい、一食を何店にも分けて
食べる人でした。



最初の食事の際、焼肉店に入店。
それは良いです。
焼肉店に最初に連れて行ったということに何もないですよ。
そこに連れて行きたいと思って下さったのでしょうから
ジャンルには文句はありません。


部位は忘れてましたが、ホルモン?と生ビールを注文。


「他の物の注文は一切認めない。」
と、告げられ、食べ方や事細かい指定をされながら
食べました。



次にラーメン店に入店。
つけめんを注文。


この後に、洋食の店に行くと言われましたが、
おなかが一杯過ぎて断念してもらいました。


ホテルに戻ってから、重~いチョコアイスを食べる…。
(私は食さず。)



焼き肉のたれを皿に並々とついでは飲むし、
つまようじで耳掃除はするし、
マナーも一切なっていなくて、SMをする以前に
食事するだけでも嫌な人でした。



「ここでは、これ以外の注文は認めない。」


というのは、主従関係の命令なのでしょうか?
皆様は、アリですか?


私は…嫌だなぁって思ってました。
私の好みに合わせてということではなくて、
お互いの食べ物の好みが違っていたとしても、自分の好みとは
違うものを食べるのは楽しいと思うし、会話の中で
「それ美味しいですか?」のような知らない味を知る作業も
大切だと思うし。


少なくとも、もしも味は(美味しさが)理解する事ができなくても、
お相手の食の好みを知る事は出来ると思います。


でも、この時私は、TBKと主従関係は結んでおりませんでしたので、
正直、なんてつまらない人なんだろうか?と思っていました。
そして、こんな人と調教なんて考えられない。とバッサリ切りました。
切ったことは教えませんでしたが。


性質が悪い事に、TBKは知識も薄っぺらいのに
(見ていて分かってしまう程度)美食家を気取っていたのでした…。



「俺は冷凍食品は一切口にしない。あのようなマズイものは…」


と、言っていたんですけど、
外食産業を考えたら…食べるものが極端にないでしょうね。
[2014/03/08 21:09] | 回想時制 | トラックバック(0) | コメント(0)
タテバーコ(略してTBK)
私、タイトルが変、SM的にあり得ない…


と、


思われる呼び方で、前にご主人様と呼んでいた
呼んでしまった人の事を書こうとしております。


書くからには思いきり特定出来るように
吊るしあげるような、書き方もアリかもしれないですが、


法律とか怖いし、
奴隷様方の書かれているブログを拝見させていただいても
タテバーコと繋がっている方は…見当たらないので、


もし、あの人のこと?と、お知りになりたい方が
いらっしゃいましたら、私に直接お訊ねいただければ…
と思っています。



と、いうことで、タテバーコという呼び名で書きますね。



書くまでもないと思いますが、
呼び方の由来は、どこかの部位が縦にはげていて、
通常のバーコード状ではなく、縦にバーコードだったからです。


そして、そこのことに本人は、まったく気がついてなく、
未だに30歳くらいの時の外見と変化がないと思っていたからです。
(現在、50前後)


教えないですよ…。タテにはげてるなんて。


勿体ないじゃないですか。
知らない方が幸せなこともあるもんですよね。世の中。

   
そのまま突き進んで下さいね。(超絶応援!!)




私は、掲示板を利用した事がありません。
利用しようと覗いたことはありますが、そこまでしか。


自分で、ご主人様を見極める自信がなかったんです。


それで、いろんなSMサイトを覗くようになりました。
前のご主人様と呼んでいた方は、老舗のSMサイトを
運営されている方でした。
 
自分(タテバーコ)の事を知るためには、
サイトに書いてあることを読むようにという人で、
サイトにあるものを読む分には、しっかりとした持論が
ある方に思えました。



…でもね、それ、すべて嘘だったんです。。。



こーゆーふーに書いとけば、M女を得られるって
考えで、持論ではないことを載せている人でした。


これは、私の感想ではなくて、
タテバーコ本人から聞いた事です。


「サイト…と、ご主人さまの考えが一緒に思えない…ような
ところがあるのですが・・・」


と、実際にお会いした時、お訊ねしたんですが、
そうしたところ、


「サイト?あれは、M女を得るエサ。
俺の考えではないものも載せているし、書いた当時は
そう思っていたが、そう思ってないことも載せている。
直すつもりはないし、相手が俺をどう思おうが、
良い方にとってくれさえすれば、俺はそれでいい。」

と、悪びれる様子もなく、話しました。。。
  

サイトを運営しているのは、タダでM女を得られるからで
やめられないって言っていました。
 

あまり詳しく書くと…

タダの悪口・陰口にしかならない話なんですが、


掲示板にも疑わしいとか、様々な方がいらっしゃるけど、
サイトを運営されている方でも、全てがすべて、
しっかりとしたS男性ではない。ということを
書こうと思って、書いています。



タテバーコとの中で、色んなことが起こり、
私は放り出され、Masterに出会うことになったのですが、
今になって考えてみると、あれはSMでも、主従でもなかったのだ。
と、断言出来るような人でした。
 
奴隷が30数人いるとか、
奴隷がご主人様の許可なくボディピアスをあけるとか…、


やはり、あり得ない。
   


そんな人に騙されるわけないよー  って
思うと思うのですが、


お会いしている時に、
奴隷様から結構メールが来てましたので、
あのサイトの管理人にはお気をつけ下さい。
[2014/01/15 23:23] | 回想時制 | トラックバック(0) | コメント(2)
相手本位
下らない恋愛を繰り返し、


人間として尊敬するに当たらない男が
SMをしようと近づいてくる…



そんなどうしような私を生きていた時、
 


出会った瞬間に、心を奪われ、
自分の全てを捨て、相手の全てを奪いたい…



激しい衝動に駆られた恋愛がありました。


既婚者で3歳年上の男性でした。
初めて、人間として心から尊敬出来る男性でしたね。


相手も自分と同じ気持ちだと気が付いた時、
2人だけで会いました。


私が質問したり、自分の気持ちを告げる前に
彼は、私に対する想いを教えて下さいました。


…そしたら、体でも確かめたくなる…けれど、


愛しているんだと自分の気持ちを知った時、


どんなことがあっても、
彼の大切なもの全てを失わせることがないように


私は彼と、今生では2度と会わないことを宣言して
彼を送り出したことがありました。



もし、
伊織さんと今生でまた出逢うことが出来るならば、


その時は私はあなたの全てを奪い、
自分だけのものにすることをあなたは覚えていてください。


今は愛しているからあなたを離します。
でも、今度は愛しているからあなたを絶対に離しません。

 

そう、彼は私に告げました。
  

法律上は、不倫には該当しませんが、
ある意味、不倫より悪質、不倫以上の事をしてしまった感覚でした。
(このやりとりが逃げじゃなく感じている理由については省略。)


この激しくて、短い恋愛があってから
私は意味もない彼氏を持つ。という事はしなくなりました。
[2014/01/11 20:03] | 回想時制 | トラックバック(0) | コメント(0)
チャット
社会人になって、
SMの世界をもっと知りたくて、ネットで調べる他に
チャットで遊んでいた時期がありました。


ご主人様がいらっしゃるM女さんだったり、
S男性なのに、それを隠して女性と交際している人、
既婚者で、配偶者には性癖が明かせない人…


色んな人とやりとりがありました。


その中で、
私のご主人さまになりたいとか、
自分の奴隷になるようにと言った方が3人(時期に違いあり)

私に女王様になってほしいと言った方が1人…
 

やりとりを重ねたけど、
どの人に対しても、従いたいとか、
ご主人様になってほしいという気持ちが湧くコトは
ありませんでした。


…女王様にというお願いには、
全く見当の余地もなく、これは性癖が違うから
無理ということに。


この頃は今と違い、
自分の中にはっきりとしたSM観も、主従観も
確立できていなかった感覚が残っています。
 

全くなかったなぁって印象ですね。 


[2014/01/11 19:35] | 回想時制 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
プロフィール

Author:Iori
はじめまして。
升屋伊織(Iori)と申します。

普段は、ほのぼののほほん♪
と、ご主人様と遠距離なやりとりを
楽しませていただいている、

遠距離主従関係恋愛です。

お淑やかな従順系奴隷に憧れますが、
伊織は、血の気が多すぎ、(鼻息が荒い)
暴れ馬系奴隷です。

時々、噛みつきそうになったり
暴走しそうになっては、正しくは

噛みつき、勝手にプッツン、
暴走→逃走しては、

いつもニコニコ、とても優しい
ご主人様に手綱をひかれたり、
ゆるめられたり…しながら
飼われています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

奴隷、はじめました♪

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。